AGAの発毛治療とはどんなもの?

AGAは根本的な原因に対処しなければ症状が改善しませんので、美容皮膚科などで専用の治療を受ける必要があります。
しかし、その治療がどのような内容なのか、費用がどれくらいかかるのか、きちんと効果が期待できるのかなど、分からないことが多くて治療に消極的になっている人も少なくありません。
そもそも、AGAでは抜け毛を促進させる酵素と男性ホルモンが毛乳頭細胞に影響を及ぼし、ヘアサイクルの乱れを引き起こしています。そのため、日常のヘアケアで頭皮環境を整えたり、育毛剤などで発毛を促したりしても、問題の解決には至りません。

AGA

では、AGAの治療とは具体的に何をするのでしょうか。代表的なものはいくつかありますが、大きく分けて、抜け毛を抑制するための投薬と発毛を促進させるための投薬や注射の2種類が挙げられます。
前者は、抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制させるプロペシアの投薬が一般的です。プロペシアに含まれているフィナステリドという物質は、服用期間中はDHTの生成を妨げる効果を有していますので、服用している限りAGAの症状を抑えることができます。
ただし、服用を中断すると再びDHTが生成されてしまうため、定期的に通院して薬を処方してもらわなければなりません。

注意点

一方、ミノキシジルは毛母細胞を刺激して、細胞分裂を活発にすることで発毛を促す外用薬です。
プロペシアを投薬して抜け毛を抑えながら、発毛を促すことでAGAの効果的な治療法として取り入れられています。
こちらも医薬品ですので、定期的に受信した上で薬を処方してもらうことになります。 ミノキシジルは育毛剤の用に塗布するだけでなく、気になる箇所に注射する治療法もありますし、患者の体質や抜け毛の特徴に合わせて他の成分も加えたカクテルとして使われることもありますので、医師としっかり相談しましょう。

いずれの治療法も、医師の診察や処方が必要になりますので、薬局などで薬だけ購入することはできません。また、これらの治療薬は成人男性しか利用できないため、FAGAで悩んでいる女性は異なる治療を受ける必要があります。
それから、AGAの治療では医師の診察を受けるとは言っても、保険診療の対象にはなりません。そのため、基本的な内容の治療でも月1万円超の治療費がかかることにも注意が必要です。
通いやすく、料金が分かりやすいところ、治療内容をきちんと説明してくれて、納得いく効果が期待できるところを探して受診した方が良いでしょう。