脇の汗対策に有効なボトックス注射のメリットとデメリット

脇汗による匂いトラブル

平均気温が高く薄着での外出が増える夏のシーズンに頭を悩ませる人も多いのが脇の匂いケアです。暑さに弱く発汗しやすい体質の人は、市販されている制汗アイテムだけでは匂いを抑えきれないこともあります。こうした脇汗による匂いトラブルの解決に繋がることで注目を集めているのがボトックスです。

ボトックスとは、皮膚を傷つけずに注射だけで体の悩みを解決できる治療法になります。小顔やシミといった肌トラブルの対処だけでなく、発汗を抑える効果も期待できるのが特徴です。

数ある匂い対策でボトックスが注目されている理由の一つに費用の安さがあります。場所によって若干の違いはありますが、匂いトラブルの治療は保険が適用されるため、1回の注射にかかる費用は平均3万円程度です。年齢や症状の度合いで金額が変わることはなく、学生でも気軽に施術を受けることができます。美容に関わる施術はダウンタイムが長く生活に支障が出るケースも少なくありません。ボトックス注射は施術時間が10分程度でダウンタイムも少ないので、生活に支障が出る心配がないと言われています。

ボトックス

ボトックス注射は、すぐに効果が出る物ではありません。施術を受けてから数週間程度経過した頃に徐々に出始めます。効果が出るまでの期間から逆算して、夏のシーズンを迎える前に受けることが大切です。ボトックス注射は永続的な効果はなく、平均半年程度で元に戻ります。薄着になる時期だけという場合は気にする必要はありませんが、1年を通して対策が必要な人にとって通院の負担はデメリットの一つです。脇へのボトックスは、片方で50箇所近く注射を行います。針の太さは一般的な注射針と同じですが、柔らかい部位に刺すので若干の痛みを伴うのは避けられません。刺した時の痛みに耐えられるかの判断は個人差があります。外部からの刺激に敏感に反応したり穿刺に抵抗を感じるという人は、予め患部を冷やして感覚を鈍くしておけば痛みの軽減は可能です。

ボトックス注射は、すぐに効果が出る物ではない