シミや肝斑にも効果的なピコトーニング

ピコトーニングとは

美容皮膚科に訪れる目的は人それぞれ違いがありますが、シミの除去治療を目的に通う人も多いといわれています。

シミとひとことにいっても、色々な種類があります。紫外線の影響でできるものもあれば、そばかすのように薄いシミがたくさんできる症状で悩む人もいます。さらに、ある程度の年齢になると、女性特有の肝斑が気になるという人も増えてきます。
いずれのシミも、それぞれ症状や濃さには違いもあるので、それぞれの症状に合う最適な治療を選ぶ必要があります。紫外線の影響でできるシミにはレーザー照射が効果的とされています。こうした治療は濃いめのシミには効果的といわれていますが、肝斑のようなぼんやりとしたシミにはあまり効果的ではありません。

そこで注目されているのが、ピコトーニングと呼ばれる治療です。

ピコトーニングのメリット

ピコトーニングは、薄いシミに効果的とされる治療です。
従来のレーザー治療よりも弱い出力で、肌全体にまんべんなく照射し、少しずつメラニンを減らしていきます。一回の施術で肝斑が消えるわけではありませんが、繰り返し行うことで少しずつ目立たなくなります。
低出力のレーザーということもあり、痛みも少なくダウンタイムの心配もほとんどないといわれています。ピコトーニングは薄いシミや肝斑に効果的なことはもちろん、毛穴の開きや肌のくすみ、赤ら顔の改善などにも役立ちます。
気になる肝斑のケアをしながら、肌質改善が同時にできるのもこの治療の良いところです。

肌質や肌のトーンは人それぞれ違いがありますが、ピコトーニングは様々な肌質や肌のトーンに対応できる治療です。
肌に適度な刺激を与えることは、エラスチンやコラーゲンなどの生成促進効果も期待できます。シミのケアをしながら、ハリと弾力のある若々しい肌に近づけるのも、この治療の魅力といえるでしょう。
施術後はすぐに日常生活に戻れるので、忙しい人にも導入しやすい治療です。

ピコトーニングは、何度か繰り返すことで優れた効果を発揮してくれます。
カウンセリング時には、何回通う必要があるのか、治療費用がいくらになるのかはしっかり確認しておきましょう。何度も通院する必要があるので、立地や交通の便も確認しておきたいところです治療の効果を高めるためには、自宅でのケアをきちんとすることも大切です。施術後の洗顔やスキンケアはどのように行うのかも、よく確認し正しいケアを続けましょう。
施術直後は、普段よりも乾燥しやすくなっている場合もあるので保湿ケアを丁寧にすることも大切です。